Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

紅き皇帝、白き世界

紅き皇帝、白き世界

  • 歌手:
    妖精帝國
  • 発売日:
    2016/04/27
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 4,987
 
流れ堕ちゆく刻の中逡巡に喘ぐ苦しみに
犯した過ちに気づく
高き山の頂(いただき)辿り着いたその先で
僕は何を授かるんだろう

幾重に重なる壁は
甘い誘惑の罠か

幾度壁を乗り越えて尚終わりが見えない
白き雪に聳え立つ覇者紅き皇帝よ

僕の意思を僕は受け止めよう

この褪せた世界よ始まれ僕の名のもと
渇いた胸に吹き乱れる虚しきこの覚悟を賭して

打ち寄せるさざ波の様に襲い続ける苦しみに
息苦しさだけが募る
身動き取れないまま残酷に時間は過ぎ往く
僕は何を求めるんだろう
ソフィア

この病みし世界よ消し去れ僕の名のもと
輝く彼方隔離された空気のこの重さに耐えて

孤独な約束然れど
破れば静かな罪か

軽々しい気休め程度の慰めはいらない
どんな言葉優しさも全部五臓に沈めて

僕の意思は僕が受け取るんだ

この褪せた世界よ始まれ僕の名のもと
渇いた胸に咲き乱れる虚しきこの覚悟を賭して

捉えよ闇の中に棲む幼き果実を
僕は挑むんだこの白き世界で