Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

まひるのほし

まひるのほし

  • 歌手:
    RAM WIRE
  • 発売日:
    2015/12/16
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 9,489
 
そんなのもうやめようよ
痛いの誤魔化したまんま
器用に振る舞うのが
強さというなら
僕は弱いままでいいよ

『傷つきそうなもの』を避けて
『あきらめ』の中に埋もれ
君はまた行き場を失う度に
冗談みたいに笑った

夢中で築き上げた
頑丈なシェルターを
僕が壊すよ、
もう泣いていいよ、
その涙が
僕をも救ってくれる

見えないけれどちゃんとあるよ
真昼の空の星のように
何処へいったって
満天の願いで 君を守ってる

殺伐と過ぎる日々に
むなしさを覚えながら
いつしか距離をとった心と言葉
つなげられる居場所
僕がつくるよ

首振る気持ちをよそに
うなずいてきた想いが
強さだったとしても
その痛みごと
君を明け渡すのは
もうやめよう

迷うほどに誰かがこの耳に囁くよ
叶わないほど、
上を向くんだよ、
目を凝らすんだよ
馬鹿な僕は信じてみるんだ

君の出口はちゃんとあるよ
見失いようもない君の中に
誰も触れない本当の願いを
いつも 見つめて

全部が見えなくたって
全部を言わなくたって
視界や鼓膜を抜けただひとつ
その胸だけ震わす確かなものが
まだあるってこと
君に証してくよ

見えないけれどちゃんとあるよ
真昼の空の星のように
何処へいったって
満天の願いで 君を守ってる