Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

夏のあと

夏のあと

  • 歌手:
    秀吉
  • 発売日:
    2015/08/12
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 2,054
 
目眩がしそうな空の下
日の光に弱くて目を閉じた
いつか忘れてしまった未来と
同い年の僕がここにいた

報われない日々の中
汗と不安を必死に拭って
いつか話した夢の続きと
似ても似つかない僕がここにいた

懐かしい少年がこっちを指差して
バカにしたように笑った

あの日 夏の日 揺れる光を見た
輝いたその先を今は思い出せなくて
少年が笑えど 夢のあとを行く

うまく描いたはずの地図が
迷路のように絡まり合って
ゴールはどこに書いたっけ
そもそも描いてもいない

懐かしい少年がこっちを指差して
こんなはずじゃないと泣いてた

あの日 夏の日 揺れる光を見た
輝いたその先を僕はまだ
今も今も汚れた靴のままで
少年が笑う日まで 夢のあとを行くから