Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

One Light

One Light

  • 歌手:
    Kalafina
  • 発売日:
    2015/08/12
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 41,067
 
君が出会った心はきっと
一つだって間違いじゃない
同じ夢を抱いて
道を違えた人を思った
野晒しの憧れを掲げて
進む荒野

微笑みもその涙も
ここに捨てて行けないから
夏の影を抱いて白く高く
名も無き僕と君の旗

まだ果てなく続くこの道の彼方に
たった一つの光を
千の心で
見上げる空を信じてる
導く星を東の高みに
指し示すよ
夢はこの手で叶える

伸ばして落ちた指で奪った
いたいけな地図を翳して
木枯らしに背いて
汚れてたって譲れぬこと
ここから始まる明日の方へ
暮れる大地

零れ落ちて行く筈だった
君の小さな溜息を
閉じた夜の中に迷わぬように
胸に刺して僕は行くから

まだ果てなく続くこの時の彼方に
君の微笑みがきっと輝くように
絶えざる思いは二人を近くへ
いつか結んでくれると
信じている
君の夢見た空

もがいて落ちた指で掴んだ
野晒しの憧れを掲げて
僕は行ける

まだ果てなく続くこの道の彼方に
たった一つの光を
千の心で
見上げる空は何処までも蒼く
連なる叫びの向こうへ
続いてる

まだ焼け焦げたままの大地に
緑がやがて萌え出ずるように
響く歌声
遠くへ行けると信じた
僕らの名も無き心のままに
光の射す
世界が始まる