検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

時のアルペジオ

時のアルペジオ

  • 歌手:
    未来-MIKU-
  • 発売日:
    2003/08/27
この曲の表示回数 3,833
 
海に架かる虹を
あなたは憶えていますか

雨上がりの公園の隅で
咲いてた向日葵 空に恋した

それから僕らの手は 繋がれて夕陽のように
せつなくて やさしくて 初めてのキスをした
誰もいないこの道 先にある蜃気楼は
どこまでも 揺らめいた未来
映し続けてた

秋の風の色を
いつでも忘れないでしょう

帰り道でケンカした夜に
見上げた秋桜 星に泣いてた

あれから僕らはまだ 生きるという 問いかけに
目的も見いだせず でも何か探してる
夏休みがいつかは 終わるから美しいと
知ったのは あの頃が遠く
過ぎてからのこと

振り向いた街角 また会える日を
この場所で 僕らを待ってて uh-

これから僕らが行く 誰もいないこの道は
いくつもの暗闇を 通り抜けるのだろう
あの時に僕がいて あなたと過ごした日々の
ありふれたしあわせが
いつだって僕らを支える
いつまでも いつまでもきっと
忘れないでしょう