検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

レスター

レスター

  • 歌手:
    森山直太朗
  • 発売日:
    2002/10/02
この曲の表示回数 23,846
 
夕方四時 また寝過ごしてしまったようで
黄色い空の中に 置いてけぼりにされていた
君にすぐにでも 会いに行きたいのだけれど
傷ついてしまうことが怖くて 膝を抱えていた

もう何年も 着ることのなかったシャツに
袖を通してみては また丸めてしまいこんだ
下校途中の 小学生の笑い声に
残酷な残像を浮かべては 心を強張らせていた

レスター ねぇ レスター
こんな時 あなたなら何を思うのです
レスター ねぇ レスター
もう二度と 戻れないこの空の下で

夕方四時 また寝過ごしてしまったようで
黄色い空の中に 置いてけぼりにされていた

あどけない文字 古いスケッチブックの片隅で
申し訳なさそうにはにかむ 若かりし日の夢
当たり前のように 諦めてしまったのだけれど
きっとまだ心のどこかで 思いを馳せている

幸せはなぜ アルバイトで貯めたお金のように
築き上げることに時はかかれど たやすく消えてしまう
レスターあなたは まるで陽炎のように
僕の心の奥で 足踏みをしている

レスター ねぇ レスター
なぜ僕は 生まれてきたの
レスター ねぇ レスター
今僕は 本当に生きているの

煌めきの中 僕はもう一人の自分を殺した

「あなたは誰?」 鏡の中呼びかけてみても
返事はもうかえってはこない 返事はもうかえってはこない