Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

曖昧に逸れる

曖昧に逸れる

  • 歌手:
    School Food Punishment
  • 発売日:
    2007/11/21
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 6,501
 
その日はそれで暮れる
夕暮れ 色は間違ってる
ふいに手を鳴らすように 瞬間的に 夢になる

冷たい木の床に 緩やかに傾斜がかかってる
そこから転がり落ちるように 日々が遡り 始める

捕えた気になる 輪郭だけのイメージに
踊らされてる 弱い希望と 相反する答えと
張り巡らされている 伏線のような響きに
揺らいでしまう 今日は いらない
越えていくようで 戻っていくようで

その日はそれで暮れる
夕暮れ 色は間違ってる
意味を失うことのように 今は広がりを止めていった

記憶は 剥がれるように 去る
その手から弾き出す 君が言おうとすることを かすれるほどに掬いたい
張り巡らされている 伏線のような響きに
揺らいでしまう 今日は いらない
越えていくようで 戻っていくようで

日 またぎ 意味は 変わらない
ゆっくりと 変化するようで
日 またぎ 君は 帰らない
束の間の休息を 終えて
今なら 雲を呼びたい
裏切りは 見せないようにして
今さら 夢は足らない
埋めるように 沈黙を数えて