Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

ストラクチャー

ストラクチャー

  • 歌手:
    KEYTALK
  • 発売日:
    2011/11/09
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 24,387
 
春の夜 湿った風が吹いている
絡まり出した 公園脇の神経回路

生きている ネコはどこかで鳴いている
誰が壊した あの子の神経回路

どこか分からなくて 消えていくもの
消えていなくなって

探していた 雲のうえ
騒ぎ出した 感触の向こう
遠く 聞こえる声
さらっていった 夜の夢
朝を待って 絶え間なく僕ら
笑って 背を伸ばしている

春の夜 雨はとうに上がっている
絡まり出した 誰かの体温も

生きている カバンの奥の感触も
わかっているよ あの子の神経回路

探していた 雲のうえ
声に出した 感覚の向こう
いつか 聞こえるまで
さらっていった 夜の夢
夜になって 何日も過ぎて
世界を 忘れていくよ

だけど 時間は過ぎて
眠たくなって 目を閉じる僕ら
ブランコが さらって行くよ
この春の夜が 死んでくさまを

探していた 雲のうえ
騒ぎ出した 感触の向こう
遠く 聞こえる声
さらっていった 夜の夢
朝を待って 絶え間なく僕ら
笑って 背を伸ばしているよ