Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

潮騒通り

潮騒通り

  • 歌手:
    佐藤竹善
  • 発売日:
    2007/06/20
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 2,732
 
肩寄せながら 目映さに戸惑うぼくがいる
あの頃のキミは遠のいて 寂しさにゆれる

潮風が通る 人知れぬ静かなこの道に
やさしさ香らすキミの名前 重ねている

無邪気がいいのって つぶやいたって
変わっていく仕草に 術を知らないぼくでも
淡い祈り 囁くよ

あの丘見えるなら おいで
歩き始めたばかりさ
空に向かい続く坂道をこえたなら

駆け出しふりむいてLady
過ごしてきたあの刻が
目の前にあるだろう
輝き湛えた海のように

そぼ降る雨は 心洗うような 冷やすような
追いつくことにも 精一杯な若き日々

誰でもない きっと 女性になるって
眠りにつくキミに 今は知らぬ美しさ
星空より溢れていく

あの波見たいなら おいで
光り始めたばかりさ
重すぎる羽が まだ目醒めるまえでも

キミの中に咲いたLady
色づいていく人生に
傷さえも愛しむ幸せ 知っていく

踏切を待ちながら 独り
積もる追憶は見送ったから

Let me hear your voice 今はLady
歩き始めたばかりさ
空に向かい続く坂道の向こうには

キミの中に咲いたLady
華やいでは暮れる夏も
さましていく柔さ
満たしている暮らしが見える