Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

宇宙のトンネル

宇宙のトンネル

  • 歌手:
    キリンジ
  • 発売日:
    2002/11/20
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 13,343
 
タクシーだけが 通りすぎる真夜中
空車を探すのも ひと苦労なのよ

バス停から煙あげ 走り去る
終バスの行き先には 赤いランプ

ひとりベンチに座って ちょっと疲れたから
かるく 背伸びとあくび
そして まぶた 閉じる

地下鉄の入り口はね 宇宙につながってるの
誰も知らない私だけの秘密
青く光る惑星はあなた 私は月
夜を照らす ただひとつの光

忙しすぎて すれ違う毎日
守れない約束 返し忘れた本

「どんなに離れていても大丈夫」
そんなこというあなたの顔のぞきこむ

まるで地球の終わりみたいな顔する
あなたはまるで子供
とても愛おしいの

地下鉄の入り口はね 宇宙につながってると
昔 あなたが教えてくれた
雨上がりの街路樹が風に震えてるよ
早くあなたに会いに行きたいよ

夜空見上げると 思うの いつも
この夜は 50億もの木の影
朝は隠れてると

早くあなたにも教えたい 耳元で

地下鉄の入り口はね 宇宙につながってるの
誰も知らない 私だけの秘密
青く光る惑星はあなた 私は月
夜を照らす ただひとつの光

地下鉄の入り口はね 宇宙につながってるよ
いつかあなたとふたりで行こう!
その時には 隠れてる朝を見つけだそう!
そしてふたり 朝日を浴びるのよ