Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

23

23

  • 歌手:
    Hello Sleepwalkers
  • 発売日:
    2014/02/19
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 18,513
 
「枯れない花は無い」って
「終わらない歌も無い」って
仕方なく一人笑った
あの頃の僕を思い出した

少しだけ慣れたこの街は
言うほど悪くもないよ
ただ 止まる足を叩き続けて
そうやって そうやってここにいる

都会の光がぼんやりと
隠すよ 心をぼんやりと
おかしいな空がこんなにも
遠くにあるのは

まだ僕は夢を見てる
誰かも分からない背中を追って

何もかも全部
放り出してしまいたくなるような夜は
電車に揺られて聞いている
あの懐かしい音

軋んだ車輪の泣き声は
冬の駅によく響いて
本当の僕の泣き声を
掻き消してくれた

冷たい風が頬に当たる
胸の中に穴を開ける
煙草の煙 溶けていく
僕はあの頃のままだ

何もかも全部
放り出してしまいたくなるような夜は
電車に揺られて聞いている
あの懐かしい音

軋んだ車輪の泣き声は
冬の駅によく響いて
本当の僕の泣き声を
掻き消してくれた

煙草の煙 溶けていく
僕はあの頃のままだ