Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

夏の日

夏の日

  • 歌手:
    槇原敬之
  • 発売日:
    2014/01/22
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 14,494
 
君が僕の名前を
はじめて呼んだ 夏の日
僕は君を 愛し始めてた

あの夜君は 部屋にいない
でも僕は 何もきかない
ただ君を 離せなくなっていた

誰れかの為の 君の過去は
都会のざわめきに 隠して

とどけ 心 明日まで
せめて 秋が 終わるまで
いつも 愛は 揺れてるから
心を閉じて 誰れも そこへは 入れないで

「どうしても 今 これから
あの海へ 連れて行って」
やがて空は 白く明けてゆく

君の鼓動が 波のように
僕の胸に 寄せて来る

とどけ 心 明日まで
せめて 秋が 終わるまで
いつも 愛は 揺れてるから
心を閉じて 誰れも そこへは 入れないで

あの夏の日を 確かめたくて
車は南へと 走る

とどけ 心 明日まで
せめて 秋が 終わるまで
いつも 愛は 揺れてるから
心を閉じて 誰れも そこへは 入れないで

時よ そっと 流れて
時よ 愛を 試さないで
いつも 愛は 揺れてるから
心を閉じて 誰れも そこへは 入れないで