Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

キミノオト

キミノオト

  • 歌手:
    伊東歌詞太郎
  • 発売日:
    2014/01/22
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 49,786
 
フラッシュバックしている ボクの存在価値が
息を吐く毎 色褪せて置いていかれる
泣き虫なキミの 頬を伝う軌跡を
掬って戻りたい 一瞬でさえも

一つ一つこぼれ落ちてゆく 底が空いた砂時計みたい
知ってるより遠い世界だ どこまで来たんだろう
カーテンが 滲んでいた
泣いてるのは ボク

ほら「キミノオト」さえも聴こえなくなって
今は眠りにつくだけだ
虚しくて 苦しくて ただ
そんな感情さえも消えていく

白いイヤフォンから 過去が漏れて流れてく
口ずさむ音は 違和感だけ
黒い海へ 沈んでった
泣いてるのは 僕

もう「キミノオト」さえも聴こえなくなって
今は忘れて行くだけだ
キミだけを そうキミだけを
ありふれた息を吐いた

僕と過去の“ボク”に 引っ剥がされた
白い白い無機質な海で “僕”はやっと浮上してきたよ
失礼だと感じていますが どちら様でしょうか
紅涙が 溢れてた
泣いてるのは 何故

ほら知らないアナタ 頬を伝う軌跡を
掬っていいですか
暖かくて 懐かしくて あぁ
何がボクを揺さぶるんだ