Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

冬が来た

冬が来た

  • 歌手:
    川村結花
  • 発売日:
    1996/05/29
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 4,152
 
地下鉄の階段上ったら
午後4時半 もう陽が落ちてた
交差点ぎわ 信号機が
ぼんやりかすんで立ってた
自動販売機の缶コーヒー
いつのまにか あったかくなってた
去年と同じ あの匂いがした

冬が来た 冬がまた

右手が冷たかった
どうしようもなく なりそうになったから
心踊る想い出を
何か思いだそうとしたけど
こま切れの そんな記憶を
手のひらに つなぎ合わせてみても
1日分にもならなくて

5年先も10年先にも
あいかわらず こんなふうに
何かの途中かと思うと
泣きたくなった

どこにゆけば 終わりなんだろう
どこに着けば 幸せといえるのだろう

そうあの日も風が吹いてた
あんなにやりたかった逆上がり
出来たとたん
鉄棒がひどく つまらなく思えた
逆さまにぶら下がった時
見つけたくすんだ空 それが
ほんとに 欲しいものだとわかった

どこまでゆけば 終わりなんだろう
どこに着けば 幸せなんだろう
いつまで待てば いくつになれば
すべて見えるだろう
耳の奥 ささやく声がする
ひとりだよ ひとりだよ ひとりだよ
どこまでも こんなにも 誰といても

冬が来た 冬がまた
冬が来た 冬がまた 冬が来た