Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

夢のてっぺん

夢のてっぺん

  • 歌手:
    小田純平
  • 発売日:
    2014/01/15
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 51,878
 
山犬みたいな眼をしてた
土で汚れた小娘が
抱いた男を幸せに
できる女になりました
ああ、吉野の里にカラカラと
赤い桜の花が降る
どうせあの世に逝く身なら
夢のてっぺん 通りゃんせ

誰が教えた色の道
どこでおぼえた恋の道
二ついっぺにゃ通れない
穴のあくほど 指を咬む
ああ、丹波の女衒(ぜげん)が父さんで
ケチの女将が母さんで
可愛いカムロが妹の
紅い灯ともる 花魁(はな)の家

年季の明けた姉さんの
弱いからだを気遣った
馴染みのお人のふるさとで
所帯をもつと聞きました
ああ、今夜は私のおごりだよ
偉いお方も無礼講
春も朧(おぼろ)の夜桜に
泣かぬ女の うれし泣き

どうせあの世に逝く身なら
夢のてっぺん 通りゃんせ