Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

追憶

追憶

  • 歌手:
    白石蔵ノ介(細谷佳正)
  • 発売日:
    2011/08/10
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 17,398
 
春の陽ざしに 凍らせていた
思い出がそっと目を覚ます
君の記憶は どこか甘くて
だけど胸を刺しつづけてる

無駄なことで 傷つけあって
二度としないと誓って 繰り返した

サクラ散る 花吹雪の下
何度でも 君ヲ想フ
もう一度 そばに行けるなら
決して離さないよ
冷え切った 季節をこの手で
色彩の時に変えて
春色のあの日の笑顔を
君にあげたいから

夢に必死になる僕ごとを
わかってくれてると信じて
君のさみしさ 気づいていても
いつだって後回しにした

自分勝手に 走ってた足
一瞬止めて寄り添えば よかったのに

サクラ散る 花吹雪の下
忘れない 君ヲ想フ
後悔は とけることもなく
胸に降り続ける
離れたら 終わって行けるほど
簡単な気持ちじゃない
遅いってわかってるよだけど
君を抱きしめたい

過ぎた時間は帰らないと
知っているけど
でもこのまま 忘れること
できないとわかってたから

サクラ散る 花吹雪の下
もう一度 君へ走る
花びらで染まる道まっすぐ
君へ 駆けだしてく
冷え切った 季節をこの手で
色彩の時に変えて
春色のあの日の笑顔を
君にあげたいから
君にあげたいから