Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

夜の通行人に捧ぐ Hommage au passant d'un soir

夜の通行人に捧ぐ Hommage au passant d'un soir

  • 歌手:
    加藤登紀子
  • 発売日:
    2007/05/09
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 7,327
 
あの夜が僕の すべてのはじまり
そんなことなど 気づくはずもない
ただ淋しくて ギターを弾いていた
小さな部屋の窓辺で

見知らぬ誰かが 窓のそばでそっと
ぼくのうたに 足をとめた
言葉もかけず 姿も見えない
ただぼくのうたを 聞いていた

何が僕のこれからの人生
そんなことなど わかるはずもない
ただ恋しくて ギターを弾いていた
にぎわう街の広場で

ほほえみうかべて すわりこんで
僕のうたを聞いていた君の
澄んだひとみのやさしい光に
僕は恋をしていた

何が君のこれまでの人生
そんなことなど わかるはずもない
何も知らない 僕はただ君の
面影を探したずねた

やっとみつけた 君の家の前で
何も出来ず佇んだ僕は
庭のむこうの学校の窓から
聞こえるうたを聞いていた
ラララ

庭のむこうの窓からは今も
同じうたが聞こえて来るよ
君がどこかで聞いていると信じて
今僕はうたいつづける

何が僕の本当の人生
何が君のしあわせな人生
わからないままで季節は過ぎていき
今僕は君のためにうたう