Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

三等星

三等星

  • 歌手:
    nano.RIPE
  • 発売日:
    2014/01/08
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 7,630
 
砕け散ったココロが夜を彩るとしたら
あたしはきっと六等星くらいだろう
風が吹いていつの間にか雲が空を埋めた
そこから抜け出す術を考えてた

降り出した雨をカラダに受けながらゆっくりと歩く
もう家までの道のりが遥か遠い国のよう

こんな夜はどんなウタが似合うだろう?
少し悩んで選んだあの子の声がやさしすぎてまた寂しくなるけど

世界から切り離された ヘッドホンのボリュームを上げて
あの子の歌があたしのウタになる 魔法に掛かったみたいだ

迷い込んだ夜からココロは今でも光を探している
零れ落ちた涙の雫でほんのり青く染まる頬

砕け散ったココロが夜を彩るとしたら
あの子は一等大きな星だろう
風が吹いていつの間に雲が晴れて顔を出した
青く凛と光るのはあの子だ

世界から振り落とされたあたしをすくいあげた
掴んだ手の頼りない体温に泣きそうでふたり笑った

世界から切り離された ヘッドホンのボリュームはいくつだ?
あの子の歌があたしの中へ深く ココロごと青く染まるよ
魔法に掛かったみたいだ

砕け散ったココロが夜を彩るとしたら
あたしは三等星くらいになれたかな