Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

恋の花ひらく時

恋の花ひらく時

  • 歌手:
    加藤登紀子
  • 発売日:
    2009/04/22
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 3,993
 
ひとりでも生きて行ける 誰にでもそんな日が来る
淋しさを見つめながら ゆれる心紡いで
すれ違う言葉もなく 笑えない冗談もない
気まぐれなひとり暮らし それもいいと感じてた

何げないあの日 いつもの街で
季節はずれの コートのえりを
立てて歩いてた あなたに逢うまでは

恋の花ひらく時 それは今
春の風 吹くように 突然に
悲しみを かくしてた 胸の中
忘れてた 愛の泉 あふれさす

はじまりはただのあいさつ たちどまる交叉点で
白い空見上げながら 「雨だね」と言った、それだけ
肌寒い日曜の午後 降り出した雨の中を
コートを傘にかぶりながら 肩をよせ走った

言葉はいらない そばにいるだけで
こんなに近く 心がとどく
ずっと昔から そばにいたように

愛してもいいですか 今すぐに
さりげなく 心寄せて いつまでも
あしたから ひとりじゃない そばにいて
これからの 何もかもを 夢見たい

恋の花ひらく時 それは今
恋の花ひらく時 それは今