Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

アンブレラ

アンブレラ

  • 歌手:
    小松未可子
  • 発売日:
    2013/02/13
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 15,072
 
傘を忘れて あまやどり
行方知らずのため息を
も一度吸い込む そんなこと
繰り返しては たたずむ

濡れた肩に告げるゴメンネ
やるせなくうなだれた今日を
くたびれたカバンに押し込む
こそばゆい 想い 隠して

漏れ出づる月のさやけさに
雲の隙間から見える 明日に
これでいいのかなんて
交わす 言葉なくても
今は 雨音だけでいい

そう...たとえ,いつか...もし
もしも...君が旅立っても
大丈夫だって 頑張るよって
嘘つけるかな
つたい落ちてくる 雨の粒
弾きあって
夢の中で泣いてるように

道しるべに代わる君の手
雫越しに覗くその目は
何か伝えたいはずなのに
少しぼやけてみえるよ

満ちる想い空に隠して
一縷の望みは残したままで
YesかNoかなんて
選べるはずないでしょ
雨音が 声 途切らせた

そう...たとえ,いつか...もし
“もし”の話 聞いてほしい
「笑わない」って そう笑って
また嘘ついた
隣に並んで 傘の柄をくるり回して
夢の中で咲く花のように

雨上がり残った みずたまりと空
二つ虹 掛かって 導く 君と…
夢の続き まだ待ってるよ
なんてね
wow...

oh...Rainy Day
懐かしい昨日 もう涙はしないよ
君もいつだって そう何にだって
立ち向かってく Your way

そう…たとえ,いつか…もし
“もしも”なんて 夢見たら
もう蹴っ飛ばして 笑い飛ばして
ねぇ そばに居て
迷わずに歩けるように