Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

少年の風

少年の風

  • 歌手:
    西島三重子
  • 発売日:
    2004/09/01
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 6,084
 
昔はずいぶん話したね
どこにいこうかと地図なんか広げ
Jasmine-tea さえ冷めてしまう
二人してもの静か

電話もならない日曜日は
どことなくあなた淋し気な風情
少年の羽を広げたくて
ぼんやりと空を見て

穴をあけた新聞
顔にあててみれば
なるほどねあなたの瞳に
いたずらな少年の風たち

しばりつけたのはどちら
ひとめぼれなんかして

男の勝手は昔からよ
用事もないのに女を残して
七つの海からお呼びですと
偉そうに船出する

たとえば私が男ならば
いろんな女を泣かせてもみたい
愛がひとつなら淋しすぎる
なぜか今あなただけ

シャツの胸をあけて
刺激的なポーズ
それさえも気づかないはずね
その目には少年の風たち

旅に出かけてもいつか
ここに帰るなら O.K.