Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

鉄壁

鉄壁

  • 歌手:
    女王蜂
  • 発売日:
    2012/05/23
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 28,097
 
不意に一人で孤独を感じて
崖の上で花束抱いて
爪先立ってるの
落下しない術を覚えたのがやっと
容赦ない名前と足枷
ヒールで鍵穴をぶち壊す
声を殺し泣き腫らすような
出口も無く痛む毎日に
奪われるのには疲れたの
あたしが祈ることは
これ以上

あたしが愛した全てのものに
どうか不幸が訪れませんように
ただひたすら祈っているの
例えばなんて言ってる間に
現実になるような残酷な日々よ
目を閉じ小さく呟いてみるの
「何一つ臆することなどはないと」

喧騒に混じってあたしに残忍な過去が
突然飛び込んで来たとしたら
一番正しい行動はどれ?
その場で膝突き泣きじゃくるあたしを認めていいの?
「何一つ臆することなどはないと」

誰かの言葉覚えてるの
おまじないのように小さな祈りのように
目を逸らさずに鏡を見れば一番可愛い人が立っている
いつもそうでしょ?
「酷い顔じゃない!あなたのせいよ!」
ぶつける先にはあたししかいない

血の味がする程
喚いてみたけれど
何一つ蘇ったりしないし
終わったり始まったりもしない
正しさなんて今は何の役にも立たない
許したい
認めたい
自分を愛したいけれど

誰もがいつか土に還るわ
生き抜いた者を讃える美しい場所だと聞くわ
生きてゆくこと 死が待つことは
何より素晴らしいこと
誰にも奪わせないで

あたしが愛した全てのものに
どうか不幸が訪れませんように
ただひたすら祈っているの