Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

観覧車

観覧車

  • 歌手:
    平松愛理
  • 発売日:
    2012/01/18
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 5,430
 
観覧車が空へ 昇ってゆく度
さっきまでなかった景色が
どんどん見えてくる
今日に追い立てられて 見失ったものを
忘れてしまうとこだったね
とりあえず今 ここで休んでいこう

ここなら思い切り泣けるでしょ
女同志 何も気にしないで
運転中に助手席で泣かれると
気が気じゃないからね

アイラインまで流れ落ちたら
学生の時のあなたの顔
ハンカチこんなに汚しちゃって
今度は余程のことなのね

山並が遠く 続いている
海だったとこに ビルが建って
知らないうちに時間は経つね

普段暮らす街は あんな小さいんだね
私達の悩みもきっと
ちっぽけなことかもよ
取るに足らないこと 泣いたり笑ったり
ひとつひとつに一人一人が
日々精一杯で うん、それでいいんだね

昔この辺野原だったね
そう思うと 私達長いね
どんなに久し振りに会っても
挨拶より会話から始まる

足元を見たらついて来てた
観覧車の影はとても濃くて
それは太陽がしっかりと
私達を応援してるから

一番高いとこ 過ぎた頃に
コンパクトでメイク 直している
地上に降りる覚悟をしたね

観覧車地上に 近づいてゆく度
ビルや家や道路や人が
どんどん大きくなる
あなたが泣いたのは 頑張っているから
無駄な涙は決してない
その先には いいコトが待っている

これからも色々 きっとあるだろうけど
いつでもあなたには私がついているよ
まずは ドライヴしよう