Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

ゆきのいろ

ゆきのいろ

  • 歌手:
    ポルノグラフィティ
  • 発売日:
    2011/11/23
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 91,313
 
暗い部屋の壁に掛かる一枚の絵
泣いたり笑うたび塗り重ねてきた
綺麗な色ばかりじゃない僕の絵に
雪のような君の姿 どう描こうか

僕は指先を汚したまま突っ立ってる
こんな手で触れたら消えてしまわないかな?

殴り書きのままだった僕の未来までも
とても意味があるような気持ちになる
今 君がいるだけで 全部がうまくいきそうで
進んでゆける

誰かにひどい言葉 投げつけられ
破り捨てそうになった時もあったけれど
大切なものは確かで そんな簡単に
穢されはしないとどっかで感じていた

愛でるでもなく 飾るでもなく
何気なく過ぎる日をありのままに写して

降り注ぐ光の中で どんな君に会えて
あとどれだけの表情を 見つけられる?
温めた掌で 新しい色を乗せるよ
交わるレイヤー

雪の色は何色だろう?ただの白じゃ冷たくて
この街を覆う雪はどこか暖かく見える

自分ではどうしようもない 縺れあった昨日を
丁寧な手順でそっと解いてくれた
迫る夕闇の底 沈んでしまわないように

殴り書きのままだった僕の未来までも
とても意味があるような気持ちになる
今 君がいるだけで 全部がうまくいきそうで
進んでゆける