Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

駄洒落小説

駄洒落小説

  • 歌手:
    フーバーオーバー
  • 発売日:
    2006/04/05
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 3,947
 
小説家を目指している彼を私は横で見ていた
ただなんとなく ぼんやりと それは確か最近のこと

変化球の嫌いな彼が手紙を書いてよこした
「今度、玉川上水に二人で行こう」 だなんて
なんだかちょっぴりあやしいわね

3回目好きだと言って抱きしめたのは
約束も何もない午後
100階で飛び下りたってかまわないのに
言葉だけじゃきっと間に合わないから

小説家を目指している彼を私は横で見ていた
ただなんとなく ぼんやりと それは確か最近のこと

紫陽花を見つめて彼は 花びらをただ数える
「今度、鎌倉の海に二人で行こう」 だなんて
そうね その時考えるわ

天井に穴を開けて星を見たのは
雨の日に程近い夜
指折り数えて待ってくたびれたけど
気まぐれなのはね わかっているから

布団からはみ出してる足をくすぐっては
うやむらに呟いてるくり返す言葉

3回目好きだと言って抱きしめたのは
約束も何もない午後
100階で飛び下りたってかまわないのに
言葉だけじゃきっと…

天井に穴を開けて星を見たのは
雨の日に程近い夜
指折り数えて待ってくたびれたけど
気まぐれなのはね わかっているから