検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

きみのともだち

きみのともだち

  • 歌手:
    谷山浩子
  • 発売日:
    2011/09/14
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 8,851
 
ぼくを
きみのともだちといって
いつも隣に置いてくれた

どこへゆくにも
ずっとずっと
一緒にいたね

あれから
いろんな日々を越えて
いくつもの季節 通り越して

いつのまにか
きみは大きくなり
少しずつ
ぼくを忘れていった

朝になれば朝陽を浴びて
夜になれば星をみた

きみが出逢ったいっぱい
きみが育ったいっぱい
知ってるよ

きみは
いつもがんばっている
うつむき顔の今日があっても
明日の朝にはわらってみせる
声を出さずに泣いた夜
静かに流れる心の音

もしも
ぼくに力があれば
うんとうんと
だきしめるのに

もしも
ぼくが話せるのなら
勇気づけることできたのに

悲しいは痛いとわかった
嬉しいは満ちるとわかった
寂しいと孤独も知った
愛しいと心も

きみは
いつもがんばっている
楽しいだけが
しあわせじゃない
数えきれない夜を越えて
きみの
しあわせが
できあがるんだ

もしも
ぼくに力があれば
うんとうんと
だきしめるのに

もしも
ぼくが話せるのなら
勇気づけることできたのに

もしも
ぼくに力があれば
うんとうんと
だきしめるのに

もしも
ぼくが話せるのなら
勇気づけることできたのに

ぼくは
ずっとここにいるよ
きみの部屋の壁にもたれて

ぼくは
ずっとここにいるよ
きみをずっと見守るよ

きみと出逢った
小さな世界で
きみと大きな夢をみる

くたくたになって
まっくろになって
きみがぼくを忘れても

ぼくは
きみのともだち

それが
ぼくのしあわせ