検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

わすれな草

わすれな草

  • 歌手:
    NOKKO
  • 発売日:
    1998/10/03
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 17,559
 
風が強く吹くね 大きく揺れる枝の緑がきらきら
波立つ季節 ベランダの岸辺では
一緒にいるだけで どこへでも飛べそうね
風のせいにして 何も聞かない
ほら、もう日が暮れるよ

すみれ色に染まる空に 木々は黒くうねりつづけ
灯がひとつ 星がひとつ そしてキスをひとつよりも
コバルトの世界が 岸辺をつつみこむ
足元で揺れていたよ あの日 わすれな草

あなたといる他のために退屈があり
なんて寝ころんでいるうちに 夏が深まってゆく
汗ひとつかかずに 重いドアを開くと
破裂するような まぶしさだけが
全てを熱していた

あなたへのときめきには ウソつかずそのままにした
まるで永遠につづくような この夏の暑さのように
コバルトの世界が 岸辺をつつむころ
足元で揺れていたよ あの日 わすれな草

すみれ色に染まる空に 木々は黒くうねりつづけ
灯がひとつ 星がひとつ そしてキスをひとつよりも
そして夢の中に 岸辺を映しこむ
足元で揺れているよ あの日の わすれな草

足元で揺れていたよ あの日 わすれな草