Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

はぐれた背中

はぐれた背中

  • 歌手:
    やしきたかじん
  • 発売日:
    1994/08/25
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 7,291
 
夕暮れ来るたび 少しブルーな自分がいる
夢ならまだまだこれからだってつかめるはず
お互いそう言い含めた別れ
けれどどこか不安定な心模様(こころもよう)かかえてる

男なんて情けない あなたは強くて
振り向かないで背を向けたね
心は 同じに揺れたはずだと思うけれど

本音はきっと わがままな二人
愛に少し素直じゃない
さみしささえ隠し合い はぐれたまま 哀しいね

たぶん変わらぬ俺の背中
いつか見つけてくれたとしても
ただ風のようによぎる思い出として
そっと視線めぐらせて それでいい

すべてが流れて変わるように
愛のあった場所も移る
それは自然なことだと 風景ごと受け止める

だけど変わらぬ俺の背中
もしも見つけて通り過ぎても
ただ風になった過去の影のつもりで
そっと視線送るだけ それでいい