Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

アトカタモナイノ国

アトカタモナイノ国

  • 歌手:
    谷山浩子
  • 発売日:
    2005/02/23
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 23,078
 
きみのことを誰も覚えてない
名前さえも きいたこともないと言う
そんな人は 知り合いにはいないよと
誰も彼も 不思議そうな顔をする

きみがくれた手紙がなぜか
見あたらない 部屋のどこにも
日記の中に きみが出てこない
毎日書いていたはずなのに

アトカタモナイノ国
僕はたどりついた

きみの家を ある日訪ねてみた
きみの家が あったはずのその場所には
三階建ての古い郵便局
古いドアが 古い客を待っていた

きみの番地を 確かめようと
アドレス帳をめくってみても
どこにもない きみの名前が
まるで全てが なかったように

アトカタモナイノ国
僕はたどりついた

ここで僕の 時計は動き出すよ
ここで僕は これから何をしてもいい
ここで僕は 自由に息をする
そして僕は これからどこへ行けばいい?

きみがくれた ぎこちないキスや
抱きしめられた 胸のぬくもり
もう忘れる もう忘れていい
きみの電話を もう待たない
アトカタモナイノ国
僕はたどりついた

アトカタモナイノ国
やっと僕は眠れる