Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

サークル

サークル

  • 歌手:
    サンタラ
  • 発売日:
    2008/01/16
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 4,936
 
蛇口をひねって真っ白な両手洗って
面白いように記憶に騙されたことを悔いた
昨日までの私を全部剥してしまえたらいいのに
ピンセットで少しつまんで薄いガーゼのように

改札口を潜る人波に紛れてあの人が
言い難いことを何のためらいもなく口にしている
忘れっぽい私は今日もそんな景色を切り取って
机の奥しまうんだけどフィクションのような気がしない

「きっと逃れられることじゃないのさ」
「きっとまた巡ってここで立ち止まるんだろ?」

ずっと昔から止まることのないクロール
いつだって右手に隠しているのブルース
君と私との秘密よ 内緒の記号
留まることはないともう知っているの サークル

真夜中過ぎに手探りでキーをつかんでドアを開けたら
いつもの部屋は小さく声をあげたほど違って見えたの
私達が知り得ているのは結局それくらいってことで
自惚れてしまわないようにいつだって手を繋いでいて欲しい

「きっと逃れられることじゃないのさ」
「きっとまた巡ってここで立ち止まるんだろ?」

ずっと昔から止まることのないクロール
いつだって右手に隠しているのブルース
君と私との秘密よ 内緒の記号
留まることはないともう知っているの サークル

じっと私の掌で崩れるフルーツ
耳をかすめる名もなき唄はただメロウ
君も私も麻痺しちゃっているの ブルー
留まることはないともう知っているの サークル