Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

花詞

花詞

  • 歌手:
    Suara
  • 発売日:
    2009/08/19
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 13,222
 
季節めぐり風の色も 変わり行くその隙間に
途切れ途切れ聞えてくる 君の声重ねた

君が落とした夢の続きを 僕が引き受けよう
悲しい思い出映す花さえ 愛しいというのなら意味を持つから

夜を染める 深く深く深い暗闇の下で
月の照らす道筋を 頼りに歩いて行く
辿り着く場所がどこであっても

季節めぐり風の色も 変わり行くその隙間に
途切れ途切れ聞こえてくる 君の声重ねた
茜色の空流れてく雲を 見上げて一人思った
風も空も雲も何も 僕はきっと選べない

君が見つけた夢の答えを 僕が奪っているなら
壊してしまおう彼岸花咲くこの迷路 もう迷う意味はないから

夜が滲む 深く深く深い暗闇の下で
涙こぼれる音に気づいた
失くすこと憶えた淋しさにどこか似てる

季節めぐりこの街にも 僕の二度目の冬が来る
気まぐれ君思い出した あの寒かった日を
きりがないから忘れてしまおうと 何度も繰り返してた
色違いに見えた花は もうここにはないから

茜色の空には雲ひとつ 急ぐように流れてゆく
いつかまた戻れる場所を 探しているのだろうか…

いつかまた戻れる場所を 探しているのだろうか…