Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

赤穂浪士

赤穂浪士

  • 歌手:
    二葉百合子
  • 発売日:
    2006/04/05
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 15,405
 
花の大江戸 空飛ぶ雲は
遥か赤穂の 流れ雲
時は元禄 泰平なれど
君に忠節 尽くさんと
四十七士の 四十七士の晴れ姿

(セリフ)
「おそれながら徳川幕府の御
政道(ごせいどう)に物申す
御事(おんこと)の発端(ほったん)は 主君浅野と吉良(きら)殿の
武士(もののふ)同士の遺恨沙汰(いこんざた)
お咎(とが)めならば 両成敗(りょうせいばい)がしかるべき
なれど身は切腹の血しぶきに
染めて断絶赤穂城
遺恨を晴らして 忠節忠義
殿のお側(そば)に 参りまする」

春の名残りを 桜に問うて
散りて儚(はかな)き 運命(さだめ)かよ
松の廊下の 葵(あおい)の風に
あおぐお城も 崩(くず)れゆく
哭(な)くか路頭(ろとう)の 哭(な)くか路頭(ろとう)のはぐれ鳥

殿の無念の 裁きは如何(いか)に
上意理不尽(じょういりふじん) 片手落ち
若き命も 老いたる身でも
赤穂浪士と 名を連(つら)ね
かざす白刃に かざす白刃に鬨(とき)の声