検索ワード

検索対象

検索条件

CLOSE

MENU

カバー画像1

2018年1月1日〜2018年6月13日の間に、「歌ネット」で歌詞検索された全てのデータを集計!今回の特集では、歌ネットだからわかる2018年上半期のヒット曲に注目です!

米津玄師/Lemon
 歌ネットで上半期もっとも歌詞が見られた楽曲は、米津玄師の「Lemon」(3,011,158回)です。同曲は、2018年3月14日リリースのシングルタイトル曲であり、今年1月~3月に放送された“石原さとみ”主演ドラマ『アンナチュラル』主題歌として大ヒット。歌詞ウィークリーランキングでは、なんと19週連続で首位を記録中(2月12日~6月24日)。連続首位記録としては歌ネット史上最長!4月~6月のドラマ主題歌にもブレーキをかけられることなく、現在累計で300万回以上のアクセス数を記録しております。

 米津玄師は、2009年より“ハチ”名義でボカロシーンを席巻し、2012年から本名の“米津玄師”としての活動を開始。その独特なサウンドメイクをした楽曲の強さと、リアルな言葉の数々は圧倒的で、今の音楽シーンにはない新鮮さを鮮烈に刻み話題に。大躍進のきっかけとなったのは2017年。以前から歌詞人気の高いアーティストでしたが、DAOKOとのコラボ曲「打上花火」や「灰色と青(+菅田将暉)」はリリース後、瞬く間に歴代人気曲に認定。そして、その勢い衰えぬままに放たれたのが、最新曲「Lemon」です。

 描かれているのは“死=喪失を想う”というレクイエムの世界。ドラマでは毎回、冒頭の<夢ならばどれほどよかったでしょう>というフレーズが、登場人物たちの心に重なる痛切なシーンで流れ、視聴者の胸を打ちました。<あの日の悲しみ>や<あの日の苦しみ>など大切な人との記憶すべてを象徴する<苦いレモンの匂い>。もう二度と会えないけれど<今でもあなたはわたしの光>。そんなフレーズのひとつひとつがリスナーに愛され、2018年上半期の曲別ランキングで堂々の首位に君臨したのです。

順位
曲名/アーティスト名
アクセス数
1
Lemon/米津玄師
3,011,158
2
LOSER/米津玄師
1,006,180
3
瞬き/back number
876,018
4
灰色と青 ( + 菅田将暉)/米津玄師
578,630
5
愛を伝えたいだとか/あいみょん
340,825
6
orion/米津玄師
301,503
7
カタオモイ/Aimer
281,730
8
ともに/WANIMA
276,525
9
TT -Japanese ver.-/TWICE
275,371
10
やってみよう/WANIMA
266,881
11
君はロックを聴かない/あいみょん
255,492
12
ピースサイン/米津玄師
238,359
13
サザンカ/SEKAI NO OWARI
232,236
14
シグナル/WANIMA
227,041
15
スパークル [original ver.]/RADWIMPS
222,032
16
春雷/米津玄師
218,342
17
不協和音/欅坂46
218,002
18
前前前世 (movie ver.)/RADWIMPS
217,368
19
here comes my love/Mr.Children
214,160
20
クリスマスソング/back number
212,866
21
Candy Pop/TWICE
206,780
22
明日も/SHISHAMO
203,249
23
ハッピーエンド/back number
202,265
24
花束/back number
196,420
25
小さな恋のうた/MONGOL800
195,813
26
あなた/宇多田ヒカル
192,229
27
ノンフィクション/平井堅
188,559
28
サイレントマジョリティー/欅坂46
186,815
29
奏(かなで)/スキマスイッチ
183,953
30
キセキ/GReeeeN
176,892
 今回のランキングでは、同アーティストの楽曲が多数ランクインしており、例年以上に現在の人気アーティストがはっきりとわかる結果に。まず、1位に「Lemon」が輝いた“米津玄師”はもちろん。また“back number”も強く、30位内に「瞬き」「クリスマスソング」「ハッピーエンド」「花束」がランクイン。尚、2月11日までのウィークリーランキングではback number「瞬き」が12週連続で首位を記録。2月12日から現在までは米津玄師「Lemon」が連続首位を記録。つまり、上半期は“back number”と“米津玄師”がバトンタッチして、トップを独走する形となりました。

 さらに、女性シンガーソングライター“あいみょん”、3ピースバンド“WANIMA”、アジア発9人組ガールズグループ“TWICE”といった新星アーティストも、それぞれ複数曲、上位にランクインしているのが印象的です。音楽番組への出演などをきっかけに、ドッと注目度が上がり、歌詞も支持され続けております。今後の新曲もさらなるヒットが予想されるのではないでしょうか。
上半期アーティスト別ランキングTOP10
順位
アーティスト名
アクセス数
1
米津玄師
7,797,058
2
back number
3,922,177
3
2,701,338
4
WANIMA
2,495,431
5
RADWIMPS
1,909,639
6
Mr.Children
1,809,104
7
安室奈美恵
1,803,371
8
GReeeeN
1,656,073
9
あいみょん
1,521,433
10
乃木坂46
1,503,188
あいみょん
彼女は1995年生まれ、兵庫県出身のシンガーソングライター。2016年11月にメジャーデビューを果し、その歌詞力が大きく支持され、じわじわと人気を高めてきました。そして2018年、そんな“あいみょん”がついにブレイク!最初のきっかけは、今年1月21日に放送された『関ジャム完全燃SHOW』でしょう。この放送回では【売れっ子プロデューサーが選ぶ2017年 年間ベスト10】として、蔦谷好位置&いしわたり淳治が“マイベスト10曲”にそれぞれあいみょんの楽曲を挙げておりました。さらに2月11日、あいみょん本人が『関ジャム完全燃SHOW』に出演!2月16日、4月29日には『ミュージックステーション』にも出演!こうして音楽番組によってお茶の間に歌声が広まったのです。その結果、今回のアーティスト別ランキングでは9位にランクイン。楽曲別ランキングでは、「愛を伝えたいだとか」(5位)、「君はロックを聴かない」(11位)、「貴方解剖純愛歌 ~死ね~」(32位)がランクインいたしました。尚、8月8日には5thシングル「マリーゴールド」をリリース予定。引き続きあいみょんから目が離せません!

5thシングル「マリーゴールド」
2018年8月8日発売
TWICE
彼女たちは【いい音楽で一度、素晴らしいパフォーマンスで二度魅了させる】と言う意味を持つ、9人組ガールズグループ。昨年6月、ベストアルバム『#TWICE』にて日本デビューを果たし、ロングヒット!TWICEの特徴的な振り付けは、社会現象にもなり、年末には『第68回NHK紅白歌合戦』に出場を果たしました。日本ゴールドディスク大賞で5冠を達成。最新シングル「Wake Me Up」を含めリリースしたシングル全てオリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。3作連続の1位及び初週20万枚超となり、海外アーティストによる「1stシングルからの3作連続初週売上20万枚突破」は今回が初。前作で記録した「海外アーティストによる連続初週20万枚突破」の歴代1位タイを単独1位となりました。さらに『Wake Me Up』は日本レコード協会のゴールドディスク認定において、累計正味出荷枚数が、50万枚を突破し、ダブル・プラチナの認定。海外女性アーティスト史上初のシングルでのダブル・プラチナに認定としての快挙を達成。今回のアーティスト別ランキングでは27位にランクイン。2017年の年間アーティスト別ランキングでは圏外でしたが、大躍進!さらに、楽曲別ランキングでは「TT -Japanese ver.-」(9位)、「Candy Pop」(21位)がランクイン。今後、JAPAN 1stアルバム『BDZ』をリリース&秋アリーナツアー開催も決定しており、活動の勢いはまだまだ加速していきそうです!

JAPAN 3rd SINGLE
『Wake Me Up』
2018年5月16日発売
この特集をシェアする