検索ワード

検索対象

検索条件

CLOSE

MENU

カバー画像1
愛ゆえの「ノイズ=すれ違い」
を描いた最新作。

須澤紀信が、1月24日に2ndシングル『ノイズ』をリリース!タイトル曲は、喜怒哀楽が詰まった歌声と甘美なメロディーが織りなす失恋ソングです。みなさんも、愛ゆえに頑張りすぎて、愛ゆえにすれ違いが生まれてしまったことって、ありませんか? それは、お互いに求める“何か”が違うのに、同じものを見つめていると思い込み、すれ違いの【ノイズ】を紛らわし合っていたことが原因なのかもしれません。だけど<美しいものばかりで幸せは作れないこと>に気づいて、ほころびを誤魔化さずに修復したなら、違う未来もあるはず…。本当の意味での“愛すること”が描かれたこのラブソング。今、大切な人がいるという方にも、まだ別れから立ち直れずにいる方にも、まっすぐに届きますように。

「ノイズ」 作詞:須澤紀信


幸せって美しいもの
そこに誤解はなかったけれど
美しいものばかりで
幸せは作れないこと
想像もできずに
僕は僕の最高級のラブソングを
君は君の最大限の風景画を
互いに見せつけ合って紛らわしてた
その陰にある儚さを
歌詞を全部見る

itunes画像。
レコチョク画像。
INFORMATION
2nd Single『ノイズ』
2018年1月24日発売
レーベル:ヤマハミュージックコミュニケーションズ

ジャケット画像です。

YCCW-30069 ¥1,111 (税抜)

<収録曲>

05. ノイズ(instrumental)

須澤紀信 歌詞一覧
アマゾン画像です。
PROFILE

須澤紀信(すざわきしん)

1991年2月27日生まれ、魚座B型長野県松本市出身。20代の葛藤を、儚げではあるが力強い歌声で歌うシンガーソングライター。少年時代は野球に没頭し、進学した地元の高校でも野球を続けたかったが、理由あって夢半ばで断念。恋愛も携帯電話も禁止という全寮制の学校へ転校することに。そこで先輩から譲り受けたアコースティックギターで初めて曲を作る。そこから彼の音楽人生は始まった。

須澤の特徴は何と言っても歌詞と歌声だ。物語の一片が切り取られたような情景を、独自の言葉で聞き手側のストーリーとしてすり替えてしまう詞の世界。そして近年流行のハイトーンボイスとは違い、力強さの中にも、何処までも優しく全てを赦すかのように包み込む、唯一無二の歌声である。誰もが不安や葛藤を抱えて生きていく中で、うまく歩いていけない人達の気持ちに寄り添い、不器用ながらも真摯に歌う須澤紀信。あなたにはどのように届くだろうか。

オフィシャルサイト
この特集をシェアする