Uta-net

最新音楽ニュース

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

最新音楽ニュース

柴田淳

7年ぶりのカバーアルバム第2弾『おはこ』7月24日リリース決定!

 オリコンウィークリーアルバムチャート7位を獲得した、昨年10月リリースのオリジナルアルバム「ブライニクル」に続き、シンガーソングライター“柴田淳”の7年ぶりのカバーアルバム『おはこ』が、2019年7月24日にリリースすることが発表された。同時に新アーティスト写真、ジャケット写真、特典概要も公開された。

 今作は、2012年にリリースし、柴田淳の魅力あるヴォーカル力を発揮して、スマッシュヒットを記録したカバーアルバム『COVER 70's』の第2弾。柴田 淳自身の“おはこ”(十八番)を集めたアルバムとなっており、その名も『おはこ』。

 このアルバムには、「恋/松山千春(1980年)」「つぐない/テレサ・テン(1984年)」「魅せられて/ジュディ・オング(1979年)」をはじめとした、男性原曲、女性原曲を織り交ぜてセレクトされた全11曲収録される。その他の収録楽曲も後日発表される予定だが、どんな曲が収録されるのか、今から期待は高まる一方だ。

 そして、同時に新アーティスト写真と初回限定盤、通常盤の、計2種類のジャケット写真も公開された。ピンクの背景の中、“おはこ”の中にたたずむ、目を奪われる新アーティスト写真に加え、柴田本人のペットと撮影された写真が愛くるしい、初回限定盤と通常盤、計2種類のジャケット写真となっている。

 初回限定盤、通常盤ともに共通で全11曲入り。初回限定盤は、高音質SHM-CDに加え、EPサイズジャケット仕様になっている。ジャケットの帯部分など、細部にもこだわりがきいており、是非とも手に取ってもらいたい。

 また「タワーレコード全国各店 / タワーレコードオンライン」「HMV全国各店 / HMV&BOOKS online」「TSUTAYA RECORDS 全国各店 / TSUTAYAオンラインショッピング」「山野楽器CD/DVD取扱店舗/山野楽器オンラインショップ」「WonderGOO/新星堂(一部店舗を除く)/新星堂WonderGOO楽天市場店」「Amazon.co.jp」「楽天ブックス」「ビクターオンラインストア」にて、アルバム『おはこ』購入者に先着でプレゼントされるオリジナル特典のポストカードの絵柄も公開されている。
 
 ここにデザインされている写真は、ジャケット写真やブックレットには使用されていない、すべて異なったカットがデザインされているので、こちらも是非ゲットして欲しい。待望のカバーアルバム『おはこ』収録曲のオンエアも今月末にはスタートする予定だ。今後も柴田淳の動向から目を離すことが出来ない!

<柴田淳のコメント>
前作の「COVER 70's」が未だに評判が良く、プレッシャーの中での制作となりました。楽曲をカバーするということは、まずその楽曲を解剖するように紐解く作業から始まります。今作もいい度胸だと言われてもおかしくない、何十年経っても色褪せない楽曲達をカバーさせて頂いたのですが、前作同様、やはり音楽史に残る名曲たちの緻密な音作り、メロディと歌詞のクオリティの高さには参りました。シンガーソングライターであるからこそ、その楽曲達がなぜ輝き続けるのか、楽曲の持つ強烈なパワーの意味や理由がよりわかったのかもしれません。気後れしました。そして本当にいい度胸だなと(苦笑)。

しかし、ただ圧倒されながら歌って終わりの出会いにはせず、少しでも何か盗んでやる!という気持ちになったのは、やはり私がシンガーソングライターであるからだと思いました。今後のオリジナル作品へ少しでもこの経験が活かせたらと思います。“おはこ”として歌うつもりが、終わってみればモンスター楽曲と柴田淳の戦いのような一枚になりました(笑)。基本カバーアルバムは、ニーズを踏まえた選曲が主流だとは思うのですが、そこは柴田淳。完全に無視し、ある意味統一性のないバラエティに飛んだ曲目になっています。許して下さったビクターのスタッフさんには感謝で一杯です。ジャンルを越えた様々な表情の柴田淳をどうぞ耳で楽しんで下さい。

今作は前作同様、オリジナルアレンジをなるべく崩すことなく歌いたいとプロデューサーでアレンジャーの河野伸氏にお願いしました。更に輝きを増したサウンドに仕上げて下さり、改めて河野氏の才能に惚れ惚れしました!そしてジャケットですが、今の若い世代は自分の得意な歌を「十八番(じゅうはちばん)」と言い、それを「おはこ」と読めたり言ったりすることを知らないようなので、それを半ば駄洒落の解釈でジャケットを提案しました!若い世代がなぜ「お箱(おはこ)?」と思わせたらしめしめで、大人の方々には駄洒落を笑っていただけたら幸いです。

ニュース提供:ビクターエンタテインメント