検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

安曇野

 
夢を夢で終わらせたくないと 君はこの町を出る
ちぎれるほど振るその指先が 芒にとけた秋の日
野分き吹く安曇野(あずみの)に君の後ろ姿
まだ明け染めぬ空に名残り月
僕の愛を一包み 君の知らぬ間に
その小さな荷物に忍ばせた
それに気付く程疲れた時は 思い出して梓川

君は味気無きその便箋に 恋を覚えたと綴る
山を染めた白が山葵の花に 色を移した春の日
立ち昇る陽炎に君の面影を
映してすぐに消えた忍草
乱れ染めうつろいゆく そんな人の世に
咲いてまた散る一炊の夢
鳥が一声啼いてゆく 日は西へと落ちてゆく

君は夢の道程を 君の色で染めて
幸福になれ それも僕の愛
春疾風安曇野に辛夷の香り撒いて
今暮れなずむ空に朧月
夢がそっと帰ってゆく ふと八十八夜