検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

アドバルーン

 
おやすみと君が言って
受話器が音を失くして
それきり土曜日まで 僕は笑えなくなる
仕事場の裏口で
煙草ふかして思った
こんな日をあとどれくらい
僕はごまかせるのかと

持ち前の明るさは
いつしか影をひそめ
同僚も距離を置き
昼休みが嫌だった
あの頃まだ空には アドバルーンが浮いてた
デパートの屋上で
ひとり空を見上げてた

帰りのバスを待っている
いつもと同じ顔ぶれ
そそくさと列を詰め
僕は小銭を取り出す
君は頑張ってと 繰り返し言うけれど
頑張ることなんて何も
何も持ってなかった

答えが見つけられない時は
答えなんてない時で
気付けば手にしてたなんて よくある話さ
退屈も憂鬱も 見方を変えたなら幸せ
忘れた頃に振り向いて
笑い飛ばせるさ

門限は11時
みんなボヤいていたっけ
僕はやることもなく TVを見て笑ってた
次の日のことなんて
何もかも分かってた
考えたくないから
考えないようにしてた

東大の赤い門を
毎日横目で見ながら
湯島天神の坂
靴音鳴らして走った
君は頑張ってと 繰り返し言うけれど
頑張ることなんて何も
何も持ってなかった

答えが見つけられない時は
答えなんてない時で
どこかに転がってたなんて よくある話さ
やり切れない夜から生まれる
やけに薄っぺらい朝
それでも細い僕の背を
照らし続けてる

答えが見つけられない時は
答えなんてない時で
気付けば手にしてたなんて よくある話さ
退屈も憂鬱も 見方を変えたなら幸せ
忘れた頃に振り向いて
笑い飛ばせるさ