Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画情報が取得できませんでした。
 
読みかけの本は閉じたまま
夕暮れの街に出た
何から手をつければいいのか
わからないで歩いてた
街灯りも消えて
見慣れない景色に気が付いた
わざと遠回りして
ざらついた人の間紛れた

自分のためにすべてを話してしまうことは 無責任で
知らない間に誰かを傷付けていた

君の話すその言葉は
そのままの意味よりもずっと深い
長い時間を感じた
果ての見えない宇宙
そこまでたどり着けるように
読みかけの本を開いてみる
茜色に変わってく
朝が来るのを待って 祈っていた

何かを話すより
沈黙を守り目を閉じてた
思い出の森をひとりさまよい
夜の中で泣いていた

正しいと言われてることが
誰かのためだなんてわからない
自分の物差しじゃ計れない
心は見えない

君の話すその言葉は
そのままの意味よりもずっと深い
長い時間を感じた
果ての見えない宇宙
そこまでたどり着けるように
読みかけの本を開いてみる
茜色に変わってく
朝が来るのを待って 祈っていた

何も言わず聴いてくれた
揺るぎない君の優しさは
私を自由にする

心を照らす光
君にとってそうなれるように
最後のページを開いてみる
遠回りしてもいい
そこにしかない空が必ずある