検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

Baies

 
かたちない孤独は 三月の風の様に冷たくて
夜明けを待つ事さえ耐えきれず 何度も何度も潰されそうになった
途切れない迷いに囚われたまま 瞳に写る形は影を宿した
ただ一つだけでいい 存在を願ってそれだけを信じて

何かが変わり始めた 目の前にあなたがいた

限りない世界で 君に出逢えた奇跡
見えるものすべてが 鮮やかに輝きはじめる
どんな時もきっと 分け合えるから
僕らをつないでる この手を離さない様に

おそらく単純で静かな物が すべてを知っている答えの様なもので
それは決して与えられる事じゃない 手を伸ばしていく

内なる想いをはせて その先に君と

限りある未来を 君とめぐれる軌跡
二度とない強さが 柔らかに反射していく
どんな時もきっと 叶えられるから
僕らの焦がれる ラストシーンが訪れる様に

今まで安らげる居場所 探してた
つよがりに哀しみを 隠しながら
溢れていく涙が 優しさの色に変わる
目を閉じても そこには確かに
君がいるから

すべてが変わりはじめた ずっとずっと共に

限りない世界で 君に出逢えた奇跡
見えるものすべてが 鮮やかに輝きはじめる
どんな時もきっと 分け合えるから
僕らをつないでる この手を離さない様に

限りある未来を 君とめぐれる軌跡
二度とない強さが 柔らかに反射していく
どんな時もきっと 叶えられるから
僕らの焦がれる ラストシーンが訪れる様に

僕らをつないでる この手を離さない様に