検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

 
いま春が それぞれの胸静かに訪れるよ
ねえ君はこの花びらを 誰と見上げているの

素直に笑えていますか 涙こぼしてませんか
君がまだこの街で暮らしていたあの日から
どれ位たったのでしょう

もう戻れやしないけれど 思い出していたのです
ふざけあい抱きしめた 並木道の下重ねたいくつもの夢
気が付けば季節はめぐり 残酷にあの日々は遠のくけど
ほどかれた僕の腕は 二度と君を抱きしめる事できない

いま春が それぞれの胸静かに訪れるよ
ねえ君はこの花びらを 誰と見上げているの
やがて街も人も景色も変わってしまうけれど
きっと決して誰にも汚せない季節がある

高架下の道を抜けて 君の部屋へ通った
あの頃の僕たちと良く似た二人が肩寄せ通りすぎてく
気がつけば季節は巡り 何度でも心によみがえります
泣きじゃくるあの日の君を 何故にひき止める事できなかったのか

また春が 訪れるたび胸に込み上げてくるよ
君と見た花びらが今 心を染めてゆくよ
何度花が散っても いつか芽吹く蕾のように
君を思い出に変えて そろそろ歩きださなきゃ

別れるための出会いじゃなくて
巡り合うためのサヨナラだから

いま春が それぞれの胸静かに訪れるよ
ねえ君はこの花びらを誰と見上げているの

また春が 訪れるたび胸に込み上げてくるよ
君と見た花びらが今 心を染めてゆくよ
やがて街も人も景色も変わってしまうけれど
きっと決して誰にも汚せない季節がある
色褪せない季節がある