Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

キオクのカケラ

 
見覚えのある誰かに 起こされたような
乗り過ごした電車の中 潮騒になびく髪
忘れ物取りに来たように 誘なう景色は
持ち合わせた鞄に詰められないほど愛しく

あの線路脇にゆれる花に 想う恋は
まだ曲がり角に消えたバスを 追い続けてる

ゆらりゆられて春めき ひとり電車
何ひとつ変わらない 時の風に吹かれてる
西陽に焼けた文字と 褪せた看板
今もずっと 誰かを待つ場所で

空気の抜けた自転車を 押しているように
路地に転がる キオクのカケラを集めて歩いた

風になびく桜の花びらが 水面を揺らす
坂を降りた先に広がるのは 茜色海岸
めぐるめぐる記憶と ほどけた靴ひも
ノートの隅に書いた ラクガキがユメのカケラ
押し忘れたボタンは 遮断機を上げ
行き先までも 変えてしまうようで

沈む夕陽と伸びた影踏み
ほんの小さな一歩はこうだったね
遠くたなびく雲の形までも
ゆっくりと色づいて

ゆらりゆられて春めき ひとり電車
何一つ変わらない 時の風に吹かれてる
目を閉じれば感じる 夕凪の声

戻れる場所は 今も心(ここ)に

めぐるめぐる記憶と ほどけた靴ひも
ノートの隅に書いた ラクガキがユメのカケラ
押し忘れたボタンは 遮断機を上げ
行き先までも 変えてしまうようで