Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

windy train

 
夜明けの光 八月の空 熱の冷めたレールの上に
耳をあてれば聞こえてくる 鼓動のような車輪の響き
川を渡る風に揺られ 田園の中横切ってゆく
あれは僕らの夢の行方 そしてすべては太陽の魔法

あれからどれだけたったんだろう
きみは今でも草の匂い憶えているかい

柔かに風を切り 汽車は走る 過去と未来を結んで
華やいだあの夏を 陽炎の彼方に追いかけながら
走れ僕のwindy train

蝉時雨る森 立ち上る雲 踏切の脇の昼顔の花
土砂降りの雨 佇む二人 生まれたばかりの 無垢な希望
どれだけ僕の中に残り 僕を僕でいさせてくれる
どれだけ僕の心揺さぶり 君のもとに還してくれる

守れるものはもう多くはない
だからなおさらにその笑顔を守りたい

柔らかに風を切り 汽車は走る 胸を踊らせた時代へ
消えかけたあの夢に 逃げ水の向うへ手を伸ばしながら
走る僕は windy train

夕闇の帰り道 一人きり急いだ
泣きながら 泣きながら まだ僕は 道程の途中さ

柔かに風を切り 汽車は走る 過去と未来を結んで
終わりなきあの夏を 陽炎の彼方に 追いかけながら

走れ僕のwindy train
走れ僕のwindy train