Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

屋上へと続くドア

 
屋上へと続くドア そのドアは開かないのさ
大空へと続くドア 鍵がかかって開かないのさ

その昔人は空を飛ぶことができたんだ
忘れてるかもしれないが自由に飛べたんだ
背中の肩甲骨は その頃の名残で
大きくて強い翼が生えてたアトだしね
心当たりが何かしら君にもあるはずさ
泳ぐように空を飛ぶ夢とかまさにそうだ
景色のいい所に行きたいのはどうしてだ?
星に願いをかけるのはどうしてだ? そうさ
飛んでたんだ 今では退化した羽根を広げてさ

人類が飛べなくなったワケは諸説あって
うわさ話やデマでっち上げなんかも手伝って
真相を知る人は今じゃもういなくなったんだ
で、僕は自分なりに考えてみたんだ
文明の発達 むろん科学の進歩
反比例してくように失ったんだきっと
澄み切った空 その空の汚染からの避難
筋力低下 体脂肪蓄積等の負の遺産
今となっては想像ですら空は飛べないのさ

どんなに辛い時でも 空に昇れば平気さ
死にたくなるような時こそ 空に昇れば平気さ
そんな才能も 今ではI don't know
手に入れたもの 失ったもの そうやって 僕達はここにいる

空を飛んで解決していたのは昔の話
別の方法を見つけなくちゃ空を飛ぶかわりに
屋上からダイブしても空は飛べません
辛くたってなんとかするしかありません
世界が終わる夜を今夜と自ら君が決め
絶望の階段をたった一人で上がって
そのドアに手をかけもし鍵がかかっていたならば
その意味を今一度 噛み締めるべきなんだ