Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

スロウビート

 
何か最近いつも思う
フィクションのようで
いまいちリアリティが無い
今一番伝えたい言葉さえも飲み込んで
思い切って飛び込めない
取り留めない会話も
シャンパンの泡のように消えてなくなるの?
でも確かにそこには
二人の残り香が…

こういうの何て言うんだろう 今まで味わったことのない感情
逢えばいつも少しずつ 傷つく気がして、だけど逢いたいの
冗談に聞こえるでしょう そういう言い方しか出来ないのよ
でもいつか不意に思い出して 月日が経ったら、何年かが経ったら

君が言ってた夢が叶うといいね 見えない荷物もなくなったらいいね
好きとはっきり君に言うより そう願う方が私らしいかな
一緒に今夜笑った何時間かが いつか小さな宝物になる日が来る
私の気持ち忘れないでね 月日が経っても、何年かが経っても

数多のチャンスの中から
あなたとちゃんとここにおさまった
まるで絵葉書のように
重なり合う気持ちは合わせ鏡のよう
沈黙は不安の種
話しかけてよもっと
普段の間で
普段の声で
普段の目で
普段通りでも俺には全てがスペシャル
冷たくされたらどうしよう?
その気持ちが縮こめるモーション
それでも心の中は猛暑のように
どんどん上がってく温度
今度逢えるのはいつ?
そうはっきり聞くより
願う方がじぶんらしいかな
あなたの H-A-P-P-Y
もちろん
俺が隣にいたいでも

君の心はまるで自分のみたいに 逢って話すほど透き通るようにわかったの
君を愛しく思えるのは偶然じゃなくてきっとそのせいだよ
ひとつひとつの言葉やその表情に どんなに大きな幸せもらっているでしょう
こんな気持ちも忘れないでね 月日が経っても、何年かが経っても

好き 好き 好き 好き 好き
だけどさよなら 今も好き
好き 好き 好き 好き
だけどさよなら