Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

豪商一代 紀伊国屋文左衛門

 
惚れた仕事に 命をかけて
散るも華だよ 男なら
怒濤逆巻く 嵐の中を
目指すは遙か 江戸の空
花の文左の みかん船

肝の太さと 度胸の良さに
勇み集まる 十二人
力合せて 乗り出す船は
これも故郷の 人の為
征くぞ夜明けの 和歌の浦

浜辺に送る妻や子が、別れを惜
しんで呼ぶ声も風に悲しく千切
れとぶ、まして文左の新妻は、今
年十九のいじらしさ、
せめても一度もう一度、背伸びし
ながら手を振れど、雨と嵐にさ
えぎられ、かすむ良人(おっと)の後ろ影、
これが別れになりゃせぬか、女心
の切なさよ。

「白装束に身を固め、梵天丸に乗り
移った文左衛門。
時に承応元年十月二十六日の朝ま
だき。此の時、遥か街道に駒のいな
なき、蹄の音は、連銭芦毛に鞭打っ
て、パッ、パッ、パッパッパッパー。
馬上の人は誰あろう、歌に名高き玉
津島明神の神官、高松河内。可愛い
娘の婿どのが、今朝の船出の餞けと、
二日二夜は寝もやらず、神に祈願を
こめました。
海上安全守りの御幣、背中にしっか
りとくくりつけ、嵐の中を歯を喰いし
ばり親の心の有り難さ。婿どのイヤ
待ったと駆けつけた。」

涙で受取る文左衛門。
未練心を断つように、波切丸を
抜き放ち、切ったとも綱、大碇は、
しぶきを上げて海中へ、ザ、ザ、ザ、
さぶん――。
眺めて驚く船頭に、せくな騒ぐ
な此の船は、神の守りの宝船じゃ。
張れよ白帆を巻き上げよ、船は
忽ち海原へ、疾風の如く乗り出す。
寄せくる波は山の様、嵐はさな
がら息の根を、止めんばかりの凄
まじさ、舳(へさき)に立った文左衛門は、
両の眼をらんらんと、刀を頭上
に振りかざし、無事に江戸まで、
八大竜王守らせ給えと念じつつ、
熊野の沖や志摩の海、遠州相模
の荒灘も、男一代名をかけて、乗
り切る文左のみかん船。

沖の暗いのに白帆がサー見ゆる
あれは紀の国ヤレコノコレワイノサ
みかん船じゃエー

八重の汐路に 広がる歌が
海の男の 夢を呼ぶ
花のお江戸は もうすぐ近い
豪商一代 紀伊国屋
百万両の 船が行く