検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

箱庭ロック・ショー

 
例えば君が真ん中な世界とかがあって
それを一個ずつ確かめて今日も四苦八苦で
降りそそぐ感情一つで回帰線が描けるのなら

流星になった子供達はそれもいいか、なんて
小さな箱庭だとかほら、見向きもしなくて
現実に負けないスケールで新世界が描けるのなら

五線譜と空のベンチで終わらないかくれんぼの言い訳
飛べない僕が歌ってる古いアルバムに気付いてよ、アルゼン
今はまだ囁いているくらいのパンジー

全てのストーリーを流線型にしたいくらい
溢れ出す風景を、ステージ、そこに見たいくらい

おそらく君が真ん中な世界とかがあって
それはきっと誰だって見れないから信じらんなくて
重ねられない今日と明日もこの手で描けるのなら

地上2、3メートルの中で遠くさえ読み込んで
小さな箱庭だってほら、無限を解き放って
現実に負けないスケールで新世界が描けるのなら

乾いた部屋と超新星の波間でかくれんぼの言い訳
飛べない僕が歌ってる古いアルバムに気付いてよ、アルゼン
未だクロールサイクルを続けてるパンジー

ふがいないモノクロームコントラスト
僕の絵の具じゃちょっと足りないからさ、向こうへ
片道連携のぞんざいな地図はきっと何通りもあって
その一つ一つが、ふわり
さぁ見てな、暮れの遠くに見える陽炎も
雪の歌を歌う動物達も
紡ぎだすメロディーラインはイコール? ノー それこそリアリティ
変わらない世界で、開いて行く。振動、止まないマイクロフォン

全てのストーリーを流線型にしたいくらい
溢れ出す風景を、ステージ、そこに見たいくらい