Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

街へ

 
どしゃぶりの雨の中
タクシーを降りて僕は一人
想い出の沢山しみこんだ
表参道を歩いている
あれはそうもう何年も前
やるせない想いを友として
都会に自分をなじませようと
原宿あたりへやってきた

その日も雨模様で
かすかに山手線を走る
電車の音は心地よく
何故か気持ちも安らいで
この街の唄でも
作る日がくればいい

その頃はまだ若者も
あふれる程の人数はなく
ほんのひとかたまりの芸術家きどりが
明日について熱弁をふるっていた
時代を変えるのは常に青春で
老いた常識より はるかに強く
たとえば嵐にのみこまれても
歴史はそれを見逃がさないだろう

見えない何かに向って
僕等は進もうとした
あの時信じたものは
ビートルズやボブ・ディランの唄
住みつかなくとも
愛せる街だった

愛した女もいる
恋に破れた事もある
なぐさめたりなぐさめられたり
それも大きな一瞬だった
原宿表参道は誰にも
語られなかったドラマを
なつかしい人がやって来ると
そっと話しかけてくれるに違いない

あなたの人生はいかが
若さはホロ苦いネ

時にはたずねておいで
逢えたら笑顔でむかえよう
変わってしまったのは
街だけではない筈さ