Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

二十才のワルツ

 
夏はこれ以上 待ってはくれない
君の返事を きかせておくれ
いつも話したね 秋風の頃には
この街捨てて 旅に出るんだと
友と別れても 歩くつもりだよ
帰る日あてどなく ただ君恋し

たかが女というなよ おまえ
すべてを捨てても 愛はついにふり切れず

君の言葉を ひとつだけください
“元気でね”“待ってるわ”
そして“サヨナラ” でもいいから

絶望などと 借りものはせず
ただ夢を 見続けたあげくの事さ
できることなら 疲れた時にでも
君をそばにして 少しでも眠りたい
長く居すぎた この街だけど
恋が時間を 止めてもくれたよ

男と女は どこかで違う
たとえば男は あくまで夢に酔う

君の言葉を ひとつだけください
“またいつか”“好きでした”
そして“サヨナラ”でもいいから

旅にはしるべ無き 自由さもあるけど
ある時は くち果てて野に倒れる事もある
未練がましいと言うなよおまえ
あの人を愛し なお何かに胸こがす
街を出たなら 一人になるけれど
最後の願いこそ あの人のすべてさ

想い出は消える程に確かな 姿を
闇のかなたへ つつみこんでしまう

君の言葉を ひとつだけください
“楽しかった”“許せない”
そして“サヨナラ”でもいいから

言葉じゃいえない ただ胸さわぎ
とにかく この街と 別れるつもりだ
旅立つ男には 甘くホロ苦い
女との話が つきものでもいいだろう
夏は雲に乗り 秋に逢えるけど
この俺一人 誰に逢うあてもなし

これで終わりさ そして何かが始まる
門出の男に 君はまだ口とざすのか

誰か言葉を ひとつだけください
“行ってこいよ”“忘れちまえよ”
そして“さよなら”でもいいから

誰か言葉を ひとつだけください
“行ってこいよ”“忘れちまえよ”
そして“さよなら”でもいいから