Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

俺が愛した馬鹿

 
死んで下さいよと あいつに言われて
理由も無く涙が 落ちた 泣けた
せめて 自分のいく時だけでも
俺に見ていてくれと 言うつもりかい
それから俺は いったい どうすればいいんだ
自分で自分を消す程 勇気がその時
残っているなんて 自信も無いし
ならばと先にいくのも やっぱりつらい

せつないなー 人間って奴はよー
ごめんよなー 恨んでもいいんだぜ

幸福は俺達に 微笑んでいたのに
あいつは 時の流れを 憎んでいた
時間に身を まかすぐらいだったら
行きずりの男に 抱かれた方がいい
褐色の瞳は いつも燃えていた
何かを必死になって 求め続けてる
とうとう俺は あいつに 背中を向けた
お前の様な馬鹿は 勝手にすればいい

不自由だな 愛する事はよ
馬鹿だったのは 俺の方なんだぜ

愛の歌を唄えば 何かが変わらなくても
自分の心が静まる 淋しい気持ちを吹き飛ばす
「ウソだよ 本当のウソだよ」

恋する気分をこがせば そいつと上手くやれるサ
時代が少しは変っているけど
狂った所は今も同じだ「心と身体は信じれる」

オイラ 今さら女を愛せない
だから あいつの行く先追わない
明日 何かが起ると思わない
せめて今日だけよければ それでいい
愛した 愛した 馬鹿なあいつを愛してた

都会は今日も霧の中 オイラの影は闇の中
死んだも同じの今になり つまずく事をおそれてる
「何故だよ 未練じゃないかよ」

うまくやろうとするのは 無理だわ
あいつ あなたは古いが 口ぐせ
皆 一人一人でも いいじゃない
あなた 気がついた時に悔やむわ

そうだな そうだな 馬鹿なお前の言う通り
愛した 愛した 馬鹿なあいつを愛してた