検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

みらい

 
子どもの頃見た海は光っていて
ずっと遠くまで霞んで広がっていた
黙ったまま 強がった 幼かったあの頃の日々

生まれ育った街は緑と鳥達の声
いつも暗くなるまで 自転車こいでいた
小さな世界広がった そう思ったあの日の僕ら

未来へと希望乗せて 今創り出される
新しい風に吹かれながら

遠く離れていても 目を閉じれば ほら いつも蘇る
海を渡る鳥達 そして僕らまた明日へと旅立つ
けど心の中にいつの日も消える事のない
美しいふるさとはある

今 目の前に広がる海は光っていて
今も変わらずに僕らを照らしていた
叶った 想い重なった そう願ってまたふり返る

時代は時を越えて 語り継がれてゆく
幾つもの夢を紡ぎながら

永遠(とわ)に続く世界の ほんの一瞬に 泣きながら産まれた
こうして僕らまた 確かめ合うだろう 今を忘れない様に

旅人は明日を見つけ 僕らは未来を知ってく
過ぎ行く時を数えながら

生きているっていう事 繋がっているっていう事
忘れないで

遠く離れていても 目を閉じれば ほら いつも蘇る
海を渡る鳥達 そして僕らまた明日へと旅立つ
けど心の中にいつの日も消える事のない
美しいふるさとはある
消える事のない
僕らのふるさとはある

さあ 夢描こう 僕らの未来へ
さあ 旅立とう 輝く未来へ
さあ みらいへ